モテるはずの無い亭主に浮気を疑うのはなぜ?

なぜ妻はモテない亭主の浮気を疑うのか?

【良い妻だが焼餅焼きが酷い】
私は50代の後半、妻とは結婚して30年が過ぎました。若い時分から齢を重ね、日々生活を共にしてきたわけですが、30年を経ても理解が出ない二人の間には埋められない溝があります。それは妻は焼きもち焼きというか、浮気を疑うのですが、一旦火が付いてしまうと病気というか手が付けられないようになってしまいます。


普段は大人しくて理性的な妻ですが、感情的になって言葉も汚くなり、涙を零して罵詈雑言喚き散らしたりします。こんなに愛されているのかと感動してしまうくらいです。
妻とは同じ職場で働いていました。私は営業職で妻は事務員をしていました。職場には年配のセールスレディが7人、男性営業が3人、一番偉い人が店長で、事務が妻を含めて2人、総勢13名体制でした。


当時妻とはもう付き合って周りにも認めて貰っていた時なのですが、私が成績良くて全国トップ10に入り本社で表彰されることになりました。もう一人セールスレディ成績抜群、私の店からは2名の本社表彰が出ました。全国180店舗総勢2000名の中から選ばれるので、個人にとってもお店にとっても名誉で喜ばしいことです。


表彰式は京都で観光含めて2泊3日で行う事になっていましたが、妻が突然取り乱して、私とそのセールスレディの京都表彰に異議を唱えるのです。私とセールスレディが一緒のホテルに宿泊するなどとんでもないと言い出しました。


勿論私とセールスレディの間には何もありません。当時私は20代の半ば、相手のセールスレディは50代半ばで、きちんとした振る舞いの常識的な人でしたが、恋愛の対象になる人ではありませんでした。
それでも妻は訳の分からん理屈をこねて、頑として同行を認めようとしません。困って店長に訳を話して、妻と面談して貰いましたが、店長も説得にさじを投げて、結局店長に私の代理として表彰に行って貰いました。


妻は満足したようですが、私は恥ずかしいやら何やらでもう面倒くさくなってしまいました。自分を思ってくれるのは有難いですが、女の嫉妬、焼餅というのは凄まじいもんだと思いました。

 

【単身赴任先で浮気の証拠探し】
その後結婚して妻は家に入りましたが、職場が女性が多くて何かあるたびに、忘れたころに浮気を疑われて閉口しました。


子供も小、中学校になって転勤も単身赴任をするようになりました。妻は必ず2週間に一度は訪ねて来て、一人暮らしのアパートを念入りにチェックするのです。お風呂などはそのポイントらしくて、一度などは卑猥な話で恐縮ですが、湯船に陰毛を見つけたと目の前に持って来て、あなたのじゃないと言い出しました。いやそんなもの知らないと言い張ったら珍しく矛先を直ぐ納めて、あれは自分の毛で私にかまを掛けて来たものと思います。


料理洗濯、きれい好きで掃除など家事は完璧にこなす妻ですが、この焼餅焼きだけは終生何ともならないようです。とっくに若い頃の情熱は無くしていても、浮気を疑い心を痛めるのはどういう心境であろうかと全く理解できません。まして私は今も昔も全くモテるような心配に値するような男ではないのに・・・